*

用語解説

ここではガンドッグ関連の用語やコマンドの一部を解説します。

用語解説

Cover gameやダミーを隠したり、覆ったり逃げ込んだりする可能性のある潅木、ブッシュ、藪などの植生
diversion 関心をそらす物。置いてあったり、投げられたダミーのうち犬が無視しなくてはいけないもの
game キジ、ウズラ、カモ、ウサギ、野うさぎなど合法で狩りをしてもいい鳥や小動物
game bag 狩りで「Game」を運ぶための通常は革かカンバス地のバッグ
delivery ハンドラーの手の中にgame、ダミーを渡す行為
desire レトリーブの欲求、レトリーブ本能の強さ。
honor 他の犬が動いている間、静かに座って見ていること
lining ハンドラーとダミーの間のまっすぐな線を正確にたどること
mark (ダミーや鳥など)レトリーブすることのできるすべてのもののうち、落下するところを犬がはっきりと見たもの。マークする〜レトリーブできるものが落下するところを見て(位置を記憶する)いること。
memory mark 他のレトリーブするものをマークした後、またはマークしてから時間が経った後に前のマークを犬がレトリーブすること。
pop ハンドラーがストップホイッスルを吹いていないのに援助を求めて犬がハンドラーのほうを振り返ること。
pulling 獲物を探している犬が地面を嗅ぎ回りすぎたり、ハンドラーから離れすぎてしまっていること。
runner 傷を負って動いている撃たれた獲物
running in ハンドラーの許可がないのに、犬がレトリーブに動き出すこと
shipping 複数のダミーの中から1つをくわえてから他のものを選び直してくわえたダミーを置くこと(ただし、GRTAでは他のものをくわえた時点でshippingとなる)
slip lead (ガンドッグリード)柔らかいロープのリードで、片方の端に金属のリングがついていて、反対の端は手で持つための輪になっている。
soft mouth 獲物(ダミー)を傷つけずに丁寧に運ぶ能力
hard mouth レトリーブの時に獲物(ダミー)を噛みつぶしたり裂いてしまう深刻な欠陥
steady/steadiness 座っている時に動いたり獲物を追ったり、銃声でrunning inしたりしないこと(ただしGRTAでは脚側歩行の際も考慮する)
stickiness/ 猟に対してあまり気のすすまない犬 (sticky dog)。
page top

コマンド(声符)について

Get on ダミー(鳥)を見つけるまでまっすぐに進むことを犬に示すために使われる声符。「Go back」「Back」ということもある。
Dead くわえたダミー(鳥)をリリースすることを意味する声符
Get in 水に入る(飛び込む)時に使われる声符
Hi lost 特定のエリアをハントしてレトリーブするように指示する声符「Lost」「There」ということもある。
Out ハンドラーの左右の手の方向にしたがって動くことを意味する声符
Over 水・柵・溝・倒木などの障害物に入ったり越えたりすることを意味する声符。「Get over」ということもある。
page top
*